学校教育法について

第二次世界大戦後の教育

教育制度の基本を定めた法律とは

学校教育法は、現行の学校制度の基本を規定した法律です。第二次世界大戦後に教育制度が改められ、現在の6・3・3・4制が採用されたわけですが、その基本規定として、学校教育法と教育基本法が同時に公布されたのです。現在文部科学省が管轄している幼稚園から大学までのすべての学校に関して、その学校制度の基本を定めています。実際の現場では、この法律に則った運用がなされているので、時代が移り変わるにつれて合わなくなってきた項目は度々改定されてきており、最近の例を挙げると、学校の運営状況を評価するための学校評価制度が導入されています。

無知による被害者を減らすために

法律に関する教育を行えば、ルールをしっかりと浸透することが可能になります。ルールを知らずに無視していたり、破っている場合も多いので、きちんと皆に分からせる必要があります。無知のせいで、騙されてしまう人も多いので、このような被害者を減らすためにも、法律に関する教育をしっかりと行う必要があります。サービス残業やセクハラ、パワハラ、ストーカーなどの問題も深刻化してきているので、きっちりとルールを教えて、加害者になってり、被害者にならないようにするべきです。道徳や倫理、人間関係などで解決できなくなってきているので、ルールで統制することが大切です。

↑PAGE TOP

Copyright © 第二次世界大戦後の教育 All rights reserved